円形脱毛症を早く回復させるには大豆食品が一番!

目安時間:約 2分

10代にして過剰な抜け毛と円形脱毛症を経験した私の薄毛対策は、「大豆製品をたくさん摂ること」です。

 

ここ10年ほどは毎日のようにコーヒーフレーバーの豆乳を飲んだり、朝食の味噌汁に豆腐をたっぷり入れたり、冷奴を週2で食卓に並べたりと、大豆製品を摂取しない日はありませんでした。もともと大豆そのものや大豆加工品は大好きでしたが、ここまで大豆製品を食べるようになったのは円形脱毛症を発症したときからです。

 

脱毛予防や薄毛の解消法を調べたところ、「女性ホルモンのバランスを整えることが大切」と書かれていたため、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをする大豆イソフラボンを積極的に摂ろうとを意識するようになりました。

 

大豆イソフラボンはホルモンのバランスを整えるだけでなく、女性ホルモン過剰が引き金となる乳がんや子宮がん、骨粗鬆症などの予防にも役立つことが明らかにされているため、薄毛だけではなく全身への健康効果も期待しています。

 

また、薄毛対策に必要不可欠だと言われるビタミンB群はサプリメントで補っています。ここ最近は薄毛の進行がゆるやかなのですが、徐々に前髪が枯れ始めていると気付いたため、これからもイソフラボンの摂取を心掛けていきたいと思っています。

 

そして最初は薄毛対策として始めた毎日豆乳なのですが、今では生理痛や冷え性、生理不順などもかなり改善されて来たため、かなり効果的なのではないかと感じています。健康的でナチュラル、かつ美味しい薄毛対策として、これらかも大豆の摂取を続けていくつもりです。

ページの先頭へ